YouTube、短編動画「ショート」の制作者を支援する100億円基金を創設へ

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)2021年05月12日 13時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeは、「TikTok」に対抗する短編動画機能「ショート」のコンテンツを作るクリエイターを支援するため、1億ドル(約109億円)の基金を創設することを明らかにした。また、ショート動画に広告を掲載するテストをまもなく開始すると予告した。こうした動きは、世界最大のオンライン動画サイトであるYouTubeが、人気の新興動画サービスに対するショートの競争力を報酬を通じて高められるかを検討し始めたことを示すものだ。

Youtubeのロゴ
提供:James Martin/CNET

 YouTubeは米国時間5月11日のブログで、1億ドルの基金を「今後数カ月」のうちに立ち上げ、2021年から2022年にかけて提供すると述べた。

 このショート基金もまた、YouTubeがTikTokの先行事例を見習う格好になっている。TikTokは2020年にクリエイター基金を発表した。同基金は多くの視聴回数を獲得した動画の投稿者に対し、3年間で米国では10億ドル(約1090億円)以上、全世界ではその2倍以上の資金を提供する見込みだという。

 YouTubeはまた、同社サービスにおけるショートの利用範囲が今後広がっていくとしている。具体的には、YouTubeのサイト内で登録しているチャンネルからのコンテンツのフィードにショートを含めたり、YouTubeのモバイルアプリの最下段にショートのタブを追加したりといったことを予定しているという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]