クラッソーネと日本パーキングが業務提携--空き家解体後の土地活用をサポート

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラッソーネは5月11日、日本パーキング(NPC)と、空き家解体から土地活用まで一気通貫でサポートすることを目的に、5月14日より業務提携を開始すると発表した。

クラッソーネと日本パーキングが業務提携
クラッソーネと日本パーキングが業務提携

 クラッソーネは、解体工事領域において、全国約1400社の専門工事会社と施主をマッチングする、一括見積もりウェブサービス「くらそうね」を運営。これまでに、累積約6万件以上の問い合わせ実績があるという。

 一方のNPCは、東京建物グループの駐車場事業会社として、「NPC24H」ブランドで、時間貸し駐車場を全国約1800拠点、7万4000車室以上を展開。通常の平面式コインパーキングに加え、自走式立体、機械式タワー、商業施設併設型など、多種多様な駐車場を取り扱っている。

 クラッソーネによると、同社の「くらそうね」には、空き家解体に関する相談が増えており、解体後の土地を駐車場にしたいというニーズに応える解決策を検討していたという。

 NPCも、古屋付き土地の活用を希望する利用者に対し、既存の工事会社では納期やコストが見合わないケースや、エリアにより解体工事の提案ができないという課題があり、解決策を検討していた。

 今回の提携により、「くらそうね」の利用者、およびNPCの利用者を相互に紹介することで、空き家活用や土地活用に関する一気通貫したサービス提供が可能になるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]