logo

Twitter、投げ銭できる新機能「Tip Jar」を発表

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年05月07日 10時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは5月7日、チップを受け渡しできる新機能「Tip Jar」を発表した。

Twitterのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 現在、英語版のTwitterユーザーなら誰でも「iOS」版と「Android」版のTwitterアプリでチップを送れる。さらに英語版のTwitterユーザーの一部は、Tip Jarをプロフィールに追加してチップを受け取れるようになる。具体的にはクリエーター、ジャーナリスト、専門家、非営利団体などであり、対象と言語は近く拡大するという。

 Tip Jarのアイコンはプロフィールの「フォロー」ボタンの隣に表示される。チップを渡したければこのボタンをタップしてから、使いたい決済のサービスやプラットフォームを選択する。するとそのアプリが起動し、希望の金額を送金できる。今のところ利用できるサービスは「Bandcamp」「Cash App」「Patreon」「PayPal」「Venmo」だ。Twitterによると、送金される金額の一部がTwitterに入るということはないという。

 Android版アプリなら、iOSの人気アプリ「Clubhouse」に似たTwitterの音声チャットルーム機能「Spaces(スペース)」を通じてもチップを送れる。Twitterは4日、スペースを正式に提供開始し、フォロワー600人以上の全アカウントがスペースをホストできるようにした。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]