logo

アップルとFacebook、プライバシーめぐり対立深まる--iOS 14.5に「アプリ追跡透明性」機能

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年04月27日 11時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleとFacebookはIT業界で最大規模を誇る企業だが、表面的にはまったく異なるようだ。Appleは、2020会計年度の売上高2745億ドルの大部分を、「iPhone」「iPad」「Mac」「AirPods」ヘッドホンの販売から得ている。Facebookは、売上高859億ドルのほぼすべてをオンラインのターゲット広告から得ており、デバイスの販売は少ない。

FacebookとApple
提供:James Martin/CNET

 しかし、両社が交わる1つの領域、すなわち製品を使用するユーザーのプライバシーをめぐって両社は対立を深めており、幹部らは舌戦を繰り広げている。

 Appleは米国時間4月26日、「iPhone」と「iPad」向けに広告業界を揺るがす可能性のあるアップデートをリリースした。「iOS 14.5」「iPadOS 14.5」で、アプリ開発者はAppleの「App Store」やインターネット上でユーザーの行動を追跡するにあたり、明示的にユーザーの許可を得なければならなくなった。このことは、Facebookの事業に深刻な打撃を与える恐れがある。同社の事業はこの10年間、ユーザーが認識しているか否かにかかわらず、まさにそれを行う仕組みとなっているような技術をベースに成り立ってきたからだ。

 ポリシーの相違で始まった対立が、シリコンバレーで最大規模ともいえる抗争へと発展している。Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏は、プライバシーは人権だと主張している。FacebookのCEOであるMark Zuckerberg氏は、Appleの要求は中小企業の利益を損ない、インターネットでコストを引き上げることになるとしている。

Mark Zuckerberg氏
提供:Sarah Tew/CNET

 AppleとFacebookは、26日も互いへの攻撃を続けた。Facebookは、Appleが新たにプライバシーを推進する取り組みの一環で導入した「要求」について、ユーザーに伝える通知のコピーを公開している。Appleは、「App Tracking Transparency(ATT)」機能について説明する動画をYouTubeに公開し、「一部のアプリにトラッカーが組み込まれ、必要以上のデータを収集している」と説明している。

iOS 14.5で起動したFacebookアプリ
提供:Facebook

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]