「Googleアシスタント」、ウェイクワードを省略できる時短機能を準備中か

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年04月26日 10時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Googleアシスタント」の「Guacamole」と呼ばれる新機能の社内テストを始めていると報じられている。この新機能を有効にすると、一部の単純なタスクでは最初に「Hey Google」などのウェイクワードで起動する必要がなくなるという。これにより、電話に応答したり、アラームやタイマーの音を止めたりといった操作が、ウェイクワードを発することなく素早く実行できるようになると、9to5GoogleAndroid Policeが伝えている。

Googleのロゴ
提供:Stephen Shankland/CNET

 9to5GoogleによるとGuacamoleは、「Android 11」で動作する「Google app beta 12.5」で、Googleアシスタントの設定メニューの一覧に表示されるという。同機能を有効にすると、ウェイクワードを省略し、単に「止めて」「スヌーズして」「電話に出る」「電話に出ない」などと言うだけで操作できるようになるとみられる。

 Googleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]