logo

古い「Galaxy」をスマートホーム機器に--サムスン、再利用プログラムをベータ提供

Dale Smith (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年04月23日 12時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いらなくなった古いスマートフォンを処分するのに、目新しいやり方はあまりない。下取りに出す、売る、あるいは家族や友人に譲るといった方法がある。だが、サムスンは、第4の選択肢を主流に押し出そうとしている。それがアップサイクルという方法だ。

Galaxy S21
「Galaxy S21」
提供:Sarah Tew/CNET

 サムスンは4月21日から、「Galaxy」のアップサイクルプログラムを拡大し、Galaxyの所有者が同社の「SmartThings」プラットフォームで古いスマートフォンをスマートホーム機器に変えられるようにすると発表した。同日にベータ版サービスが米国、英国、韓国で始まる。この「Galaxy Upcycling at Home」プログラムは、1月にCESで初めて発表されていた。

 つまり、サムスン製の古いスマートフォンは、ベビーモニターや犬の鳴き声の検知機、部屋が暗くなりすぎたら照明をつけるためのセンサーとして生まれ変われることになる。

 SmartThings担当のバイスプレジデントを務めるJaeyeon Jung氏は、プレスリリースで次のように述べている。「スマートホームデバイスは、家電で急成長しているトレンドであり、現在使われていないGalaxy端末は、すべての家庭をスマートホームに変えるのに重要な役割を果たせると考えている」

SmartThings
SmartThingsは、サムスンのスマートホームエコシステムだ
提供:Tyler Lizenby/CNET

 しかし、赤ん坊の泣き声や犬の鳴き声を1日中認識したり、周囲の明るさを年中無休で把握したりするには、デバイスのバッテリーに大きな負荷がかかる。サムスンによると、電力の使用量を最小限に抑えられるようにバッテリー最適化機能を追加したという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]