サムスンの「SmartThings」、グーグルの「Nest」シリーズに対応へ--1月から

Molly Price (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年12月09日 13時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは米国時間12月8日、同社のスマートホームプラットフォーム「SmartThings」が、まもなくGoogleの「Nest」シリーズのデバイスに対応すると発表した。Nestシリーズのサーモスタット、カメラ、ドアベルなどのデバイスは、「Works With SmartThings(WWST)」の認定を受ける。

「Nest Hello」画像
提供:Tyler Lizenby/CNET

 SmartThingsアプリでNestのサーモスタットを調節し、Nestのカメラのライブ映像を表示し、「Nest Hello」によって訪問者を確認できるようになる。サムスンは、 Nestシリーズのデバイスからサムスンのスマートテレビやスマート冷蔵庫「Family Hub」にストリーミングすることも、まもなく可能になるとしている。

 SmartThingsとの連携により、Nest製品の確認や操作ができるだけでなく、SmartThingsで自動化された設定にNest製品を組み込むことが可能になる。つまり、「Google Home」アプリでSmartThings対応のデバイスに対して可能な操作が、SmartThingsアプリでNest製品に対して可能になる。SmartThingsのNest製品への対応は、2021年1月からの予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]