logo

パーソル総研がコロナ禍前後の残業時間の実態調査--テレワーカーは出社者より長い傾向

佐藤和也 (編集部)2021年04月25日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パーソル総合研究所は、コロナ禍前後におけるテレワーカーと出社者に分けた残業時間の実態に関する調査結果データを、4月19日付けで公表した。調査期間は2020年8月26~31日で、全国の20~59歳男女の正社員(企業規模10名以上)2000名を対象に、インターネットを通じての調査としている。

 コロナ禍前後の平均残業時間を比較すると、全体で2.8時間現象。テレワーカーでは、3時間、出社者では2.6時間短くなっているという。コロナ禍の前も後も、テレワーカーの方が残業時間は長い傾向にあることが定量的に明らかとしている。ただしテレワーカーも、コロナ禍前後で残業なしは19.6%から27.4%へと、7.8ポイント増えてはいるとしている。

コロナ禍前後の平均残業時間を比較
コロナ禍前後の平均残業時間を比較
残業時間について
残業時間について
調査対象について
調査対象について

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]