logo

マイクロソフト、ゲーム開発者をクラウドで支援する「ID@Azure」を提供へ

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年04月21日 09時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間4月20日、新たなクラウドサービスプログラム「ID@Azure」を「Game Stack Live」イベントで発表した。独立系のゲームスタジオ、ゲーム開発のスタートアップ、個人クリエイターが、ゲームの開発や拡張をする際に、Microsoftのクラウドツールにアクセスできるようにするものだ。同社のコーポレートバイスプレジデントで、ゲームクリエイター体験とエコシステムを統括するSarah Bond氏によると、このプログラムの目的は、これまで以上に多彩なゲームクリエイターに、ゲームコミュニティーで成功をつかむために必要なツールやサービスを提供することにあるという。

ゲームキャラクター
提供:Microsoft

 Microsoftは今週、「Xbox Cloud Gaming」サービスのブラウザーベースのバージョンのテストを、「Windows 10」搭載PCとAppleのスマートフォンおよびタブレットを対象に開始することも発表している。これにより、Googleの「Stadia」やNVIDIAの「GeForce Now」などのクラウドゲームサービスと同様に、フル機能を備えた「Xbox」ゲームがインターネットを介してデバイスにストリーム可能となる。

 ゲームクリエイターは既に、ゲームの開発、拡張、運用に「Microsoft Azure」クラウドを利用している。ID@Azureにより、より小規模なゲームスタジオや個人クリエイターが、Azureのクラウドインフラおよびサービスにアクセスし、「Unity」や「Unreal」といった任意のゲームエンジンを使用して、マルチプラットフォーム(ゲーム機、PC、「iOS」、「Android」)向けのゲームを開発できるようになる。会員になると、開発者向けツールや業界の専門家からのサポートを無料で受けられる。開発者であれば誰でも参加できるという。

 ID@Azureは今夏に提供開始を予定している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]