新型「Apple TV 4K」発表、iPhoneと連携して画質調整が可能に

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年04月21日 03時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは4月21日、ストリーミングデバイス「Apple TV 4K」をおよそ3年半ぶりにアップデートすると発表した。プロセッサーは独自の「A12 Bionic」を採用し、価格は32GB版が税込2万1800円、64GB版が同2万3800円。最新のホームシアターや、特に動画配信の「Apple TV+」やゲーム配信の「Apple Arcade」など、同社による最新のサービスに適したものになっている。

Apple TV 4K
提供:Apple/Screenshot by Sarah Tew/CNET

 ハイフレームレートHDRに対応したほか、カラーバランス機能では「iPhone」に搭載された光センサーを使って連携し、テレビの画質を調整できる。

Apple TV 4Kのリモコン
提供:Apple/Screenshot by Eli Blumenthal/CNET

 新しい「Siri Remote」リモコンは上部にタッチ対応のクリックパッドを採用し、円を描くようになぞると早送りや巻き戻しができる。さらにテレビ用の電源ボタンも追加された。4月30日から事前予約の受付を開始し、5月後半に出荷予定だ。

 Appleは同日、新型の「iPad Pro」と「iMac」、iPhone 12/iPhone 12 miniの新色パープル、さらに捜し物を見つけるためのデバイス「AirTag」も発表した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]