右派に人気のSNS「Parler」、アップルの「App Store」に復活へ

Eli Blumenthal Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年04月20日 10時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 保守派や極右に人気のSNS「Parler」が、Appleの「App Store」に復活する見込みだ。Parlerは、米国時間1月6日に発生した米連邦議事堂襲撃事件の後、App Storeから削除されていた。

Parlerのロゴ
提供:Stephen Shankland/CNET

 Appleは4月19日、Mike Lee上院議員(ユタ州選出)とKen Buck下院議員(コロラド州選出)に宛てた書簡の中で、Parlerから変更の提案を受けており、その変更が加えられればParlerアプリを承認する予定だとした。更新されたParlerアプリがリリースされ次第、App Storeで再び提供されると「予測」しているという。Buck議員はツイートでその書簡を共有し、「言論の自由の大きな勝利だ」と称賛した。本件については、CNNがいち早く報じていた。

 Appleは書簡の中で、当初Parlerを自社プラットフォームから削除したのは、アプリレビューチームがParlerアプリ上で、「不適切なコンテンツ」に関するガイドラインに「明らかに違反している非常に多くの投稿を検出した」ためだとした。それには、「暴力を奨励し、さまざまな民族、人種、宗教を侮辱し、ナチズムを賛美し、特定の人々に対する暴力を呼びかける」投稿が含まれていたという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]