ソニー、ヘッドホン「WH-1000XM4」に限定カラー「サイレントホワイト」モデル

加納恵 (編集部)2021年04月20日 10時36分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーマーケティングは4月19日、オーバーヘッドバンド型ノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM4」に限定カラー「サイレントホワイト」を発表した。生産期間を区切った限定カラーになる。発売は5月28日。想定税込価格は4万9500円になる。

「WH-1000XM4」のサイレントホワイト
「WH-1000XM4」のサイレントホワイト

 WH-1000XM4は、1000Xシリーズの第4世代機。ノイズキャンセリング機能のほか、高音質設計、ヘッドホンを外さず会話ができる「スピーク・トゥ・チャット」機能などを備える。雑音が多い場所でもクリアに自分の声を届ける高精度ボイスピックアップテクノロジーにも対応。一度の充電で最長30時間の再生が可能だ。

 ブラック、プラチナシルバーを定番色として展開しているが、「研ぎ澄まされた静寂」をコンセプトとする限定カラー、サイレントホワイトをラインアップ。塗装レイヤーを増やし、パールを配合するなど、ひと手間かけた仕上がりで、想定税込価格は通常モデルよりも5000円ほど高い設定になっている。

定番色ブラック、プラチナシルバーと限定色のサイレントホワイト(右)
定番色ブラック、プラチナシルバーと限定色のサイレントホワイト(右)

 キービジュアルにはWH-1000XM4発売時にもコラボレーションしたアーティストのLiSAさんを起用。特設サイト内で、My Sony IDを取得し、サインインすると「LiSA×WH-1000XM4 サイレントホワイト」新ビジュアルの限定壁紙(PC用・スマートフォン用)がもらえる。

ケースや同梱品もすべても白色で統一
ケースや同梱品もすべても白色で統一

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]