GM傘下のCruise、UAEのドバイで自動運転EVによる配車サービス開始へ--2023年から

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 General Motors(GM)傘下で自動運転車を手がけるCruiseは、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで自動運転対応の電気自動車(EV)による配車サービスを2023年に開始する。サービス開始に向け、ドバイの道路交通庁(RTA)と契約を交わしたもの。

CruiseがRTAと契約(出典:H. H. Sheikh Hamdan Bin Mohammed Bin Rashid Al Maktoum)
CruiseがRTAと契約(出典:H. H. Sheikh Hamdan Bin Mohammed Bin Rashid Al Maktoum)

 Cruiseが米国外で自動運転EVを使った配車サービスを提供するのは、ドバイが初めての例となる。ドバイでは、GMと本田技研工業(ホンダ)が開発に協力したライドシェアサービス向け自動運転EV「Cruise Origin」を使う。2023年に限定的な台数でサービス提供を開始し、2030年には最大4000台体制で運営する予定。

自動運転EVがドバイを走る(出典:H. H. Sheikh Hamdan Bin Mohammed Bin Rashid Al Maktoum)
自動運転EVがドバイを走る(出典:H. H. Sheikh Hamdan Bin Mohammed Bin Rashid Al Maktoum)
ライドシェアサービス専用に開発されたCruise Origin(出典:Cruise)
ライドシェアサービス専用に開発されたCruise Origin(出典:Cruise)

 ドバイは、2030年までに走行距離換算で25%を自動運転でカバーする目標を立てており、Cruiseとの契約はその計画の一環。自動運転車の導入によって移動コストの削減が可能で、EVによる環境改善も期待できるという。さらに、自動車事故の90%は人間のミスで生じているため、道路の安全向上にもつながるとした。

 Cruiseには、ソフトバンク傘下のSoftBank Vision Fund(SVF)Microsoft、ホンダなどが出資している。

Cruise Originの紹介ビデオ(出典:Cruise/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]