「Googleアシスタント」、サイレントモードの「iPhone」を「探す」ことが可能に

Dale Smith (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年04月15日 11時34分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間4月14日、「Googleアシスタント」の複数の新機能を発表した。「iPhone」との連携を強化する機能や、ルーティンの作成をさらに簡単にする機能などがある。Googleは今回の追加機能について、「1日をもう少し過ごしやすくする」ものとしているが、特にiPhoneに関する機能ではそれ以上だ。

Googleアシスタント
提供:Google

 Googleブランドのスマートスピーカーに搭載されたGoogleアシスタントに「スマートフォンを探す」よう呼びかける機能がiPhoneにも対応しており、iPhoneが「サイレントモード」や「おやすみモード」になっていても、通知を受けられるようになった。iPhoneで「Google Home」アプリからの通知や重要なアラートを受信できるようオプトインしておけば、通知を受けたり、カスタムの受信音を鳴らしたりすることができる。Google Homeは以前からiPhoneを呼び出すことができたが、サイレントモードの設定を回避することはできなかった。これまでの機能と比較して、小さな改善だと感じるかもしれないが、エコシステムの相互運用という点で、非常に大きな1歩と言えそうだ。

Google Nestと工具
提供:Dale Smith/CNET

 2020年12月には、Googleアシスタント搭載のスマートホームデバイスが「Apple Music」に対応した。また、iPhoneで「Googleマップ」を利用中に「OK Google」と声をかけるとGoogleアシスタントを起動できる。今回、iPhoneのサイレントモードとおやすみモードを回避できるようになったことは、GoogleとAppleの「ウォールドガーデン」から、またひとつレンガが取り除かれたと言えるかもしれない。

 このほかルーティンの機能も強化されている。デフォルトのルーティンに「suggested actions」セクションが追加されており、「バッテリー残量が低下したら知らせる」などのあらかじめ作ったオプションを利用できるようになる。また、Androidのホーム画面にショートカットを追加することもできる。さらに、スマートホームデバイス向けの日の出や日の入りのルーティンのトリガーが世界で利用できるようになった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]