logo

「フォートナイト」のEpic Games、ソニーなどから約1090億円を調達

Campbell Kwan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2021年04月14日 17時17分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気ゲーム「フォートナイト」開発元のEpic Gamesは米国時間4月13日、10億ドル(約1090億円)の資金調達ラウンドを完了したと発表した。

Epic Gamesのロゴ
提供:Getty Images

 調達資金のうち、2億ドル(約220億円)をソニーグループが出資した。Epicによると、この出資は両社の「すでに強固な関係」に基づいているという。ソニーはEpicが2020年に実施した17億8000万ドルの資金調達ラウンドでも、子会社を通じて2億5000万ドルを出資して少数株式を取得している。

 このほか、Appaloosa、Baillie Gifford、Fidelity Management & Research Company、シンガポール政府投資公社(GIC)などが出資した。

 今回の資金調達ラウンドは、「App Store」の手数料をめぐるEpicとAppleの裁判が5月に控える中で実施された。Epicは、規制当局が「Appleの反競争的とされる行為に対処」すべきだと主張している。同社は事前に裁判所に提出した資料の中で、Appleが市場における支配的な地位を利用して、アプリ配信のセカンダリーマーケットを不公正な形で支配していると批判した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]