logo

グーグル兄弟会社の自動運転部門Waymo、クラフシックCEOが退任を発表

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年04月05日 08時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの兄弟会社で自動運転車の技術を手がけるWaymoの最高経営責任者(CEO)John Krafcik氏が米国時間4月2日、退任することを明らかにした。

Waymo CEO John Krafcik
WaymoのCEO、John Krafcik氏
提供:James Martin/CNET

 最高執行責任者(COO)のTekedra Mawakana氏と最高技術責任者(CTO)のDmitri Dolgov氏が共同CEOに就任する。Krafcik氏は、アドバイザーとして同社に残る。

 Krafcik氏は従業員宛ての電子メールで、「このチームを率いた刺激的な5年半を経て、私はWaymoのCEOという役割を離れ、新たな冒険を始めることにした」とし、「まずは、古い友人や家族と再びつながり、世界の新しい部分を発見する、リフレッシュの期間を楽しみにしている」と書いている。

 Waymoは2009年、Googleのプロジェクト「Chauffeur」として発足した。自動運転車のパイオニア的存在だが、この技術が主流になるまでの道のりはまだ長いかもしれない。Krafcik氏は2020年、Waymoの自動運転車の公道での走行距離が2000万マイル(約3200km)を超えたことを発表した。同社は数年前、自動運転車による配車サービスのパイロットプログラムをフェニックス地区で開始した。さらにその後、安全ドライバーが運転席に乗車しない完全無人の配車サービスの試験をフェニックス地区で開始している。

 Dolgov氏とMawakana氏は2日、共同で従業員に宛てたメールで、「皆さんとともに、『Waymo Driver』を構築、展開、商用化し、この素晴らしいチームと当社の成功を推進するために全力で取り組んでいる」と述べた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]