logo

自動運転車のWaymo、配車サービス「Waymo One」を提供開始--アリゾナ州フェニックスで

Tim Stevens (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年12月06日 09時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自動運転車を開発する競争が激化しているのは周知の通りだ。しかし、競争するからにはゴールを定義しておくべきだったのに、残念ながら、その点については誰も明確に定義していなかったようだ。とはいえ、機能的で採算性の見込まれる自動運転車を最初に公道に走らせた企業が勝者だというのであれば、「Waymo One」の提供を開始したWaymoがこの競争を制したことになる。

 ただし、そこにはいくつか重要な注意点がある。

 Waymo Oneは、Googleからスピンアウトした自動運転車開発企業Waymoが発表した配車サービス。米国時間12月5日にアリゾナ州フェニックスで提供が開始された。このサービスはUberやLyftと競合するが、完全な自動運転車だけで運営される点が大きく異なる(もっとも、現在のところは、運転席にドライバーが同乗する)。ドライバーを不要にすることが、配車サービスで採算をとる唯一の手段のように思われており、UberもLyftも(またそれ以外にも多くの企業が)、自動運転システムの開発に力を注いでいる。

 Waymo Oneの配車サービスアプリは現在、「Android」と「iOS」を対象に提供されているが、実際にサービスを利用できるのは、極めて少数のユーザーに限られている。Waymo独自のアーリーライダープログラムに加入する数百人のうち、一部のユーザーしかこのサービスを利用できない。

 そのレベルで、Waymoが一般向けサービスの提供を開始したというのは、やや大げさではないのか。そうとも言えるし、そうでないとも言える。そうと言えるのは、一般提供と言うにはまだ程遠いからだ。一部のユーザーだけが親しい友人を招待できるようになっていた初期の時代の「Gmail」のような段階にさえ到達していない。利用者が限られている上に、アリゾナ州郊外(具体的には、テンペ、メサ、ギルバート、チャンドラー)でしかサービスを利用できないのだから、さらに状況は限定されている。

提供:Waymo
提供:Waymo

 とはいえ、これは大きな前進だ。WaymoのアーリーライダープログラムからWaymo Oneの利用に移行したユーザーは、守秘義務から解放されるためだ。したがってまもなく、実世界で利用した場合のこのサービスの実際の印象が明らかになるだろう。

提供:Tim Stevens/Roadshow
提供:Tim Stevens/Roadshow
提供:Tim Stevens/Roadshow
提供:Tim Stevens/Roadshow
提供:Waymo
提供:Waymo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]