マイクロソフト、Discord買収は4月にも?--その可能性とは

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2021年03月29日 09時12分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは1年以上前から、新しい消費者コミュニティーの獲得につながる買収を模索している。早ければ4月にもその計画が実現する可能性があるかもしれない。

Discord
提供:Discord

 サンフランシスコを拠点にゲームに特化したソーシャルメディアを展開するDiscordが先週、複数の売却先候補と交渉していると報じられた。VentureBeatをはじめ、複数のメディアが報じた。さらにThe Wall Street Journal (WSJ)は、買収先候補がMicrosoftに絞られており、4月までに、Microsoftが100億ドル(約1兆1000億円)超でDiscordを買収する交渉が進められている可能性があると報じている

 Microsoftウォッチャーとして筆者の私見を述べると、DiscordはMicrosoftの買収対象として、TikTokPinterestよりはるかに理にかなっている。TikTokとPinterestは、消費者ユーザー基盤を拡大する手段としてMicrosoftが視野に入れていた「コミュニティー」だ。また、ゲームはMicrosoftが最も成功を収めている消費者分野の1つだ。ユーザーは、「Xbox」アカウントをDiscordと連携できるようになっている。

 Microsoftは、Discordでも提供されている音声、動画、テキストチャットのサービスとして、既に「Skype」や「Teams」を提供している。Microsoftがゲームコミュニティーの拡大を狙った手段として、ゲーム配信サービスMixerがあったが、あまり功を奏さなかったようだ。それでも、潜在的な相乗効果は負の側面をしのぐように感じられる。

 Microsoftのこれまでのような戦略に従うとすれば、LinkedInやGitHubと同様に、Discordはほぼ独立した形で運営できることになるだろう。Discordは同社のサービスを「Google Cloud」で運営するとされているが、「Azure」への移行に時間を要する可能性もある。

 MicrosoftがDiscordを100億ドルで買収すれば、同社によるこれまでの取引の中でも大型の買収となる。LinkedInは2016年に262億ドルで買収されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]