logo

アップル、「iOS 14.4.2」リリース--「悪用された恐れのある」脆弱性を修正

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2021年03月29日 07時47分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間3月26日、「iOS」「iPadOS」「watchOS」に影響する深刻な脆弱性を修正するアップデート「iOS 14.4.2」「iPadOS 14.4.2」「watchOS 7.3.3」をリリースしている。

Apple
提供:James Martin/CNET

 この脆弱性はAppleの「WebKit」に影響する。Appleによると、悪意を持って作成されたウェブコンテンツの処理によってユニバーサルクロスサイトスクリプティングが引き起こされる可能性がある。この脆弱性は活発に悪用されている恐れがあるという。

 「iPhone 6」「iPhone 5s」、「iPad」の旧モデルなどに向けては、「iOS 12.5.2」でこの脆弱性が修正される。

 Appleは現在、次のメジャーアップデート「iOS 14.5」のベータテストを続けている。「Apple Watch」で「Face ID」を使用して「iPhone」のロックを解除できる機能を搭載する予定とされている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]