logo

アップル、子供向けポッドキャスト関連の取り組み拡大へ

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年03月09日 07時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが、子供向けのコンテンツを評価する非営利団体コモン・センス・メディアとの提携を拡大し、精査済みの番組からなる新しいポッドキャスト目録を作成することになった。「Apple TV」上の映画やテレビ番組を対象とした2020年の類似のプロジェクトを基盤とするこの取り組みには、コモン・センス・メディアの名前を冠した名称が付けられる。

Appleのロゴ
提供:James Martin/CNET

 Appleは今後、同社の番組リストを毎月更新し、新番組や人気の高い番組のほか、「Women's History Month」や「Back to School」といったテーマを設けて番組を紹介していく。

 Appleは子供向けの取り組みを拡大しており、今回の発表も同社のポッドキャストに対する関心を高めるためのもの。Appleは以前から、教育関連の取り組みに力を入れていることで知られており、学校や教室での使用を想定した端末やアプリを構築してきた。例えば、3年前には「iPad」を教育現場に提供することを大々的に発表し、デバイスメーカーのLogitechと提携して学校向けのスタイラス「Logicool Crayon」を開発。また、プログラミング教育を支援するためのアプリを開発したり、直営店で「Apple Camp」を開催したり、あるいは若年層のアプリ開発者を同社の年次開発者会議に招待したりもしてきている。

 Appleとコモン・センス・メディアとの提携の背景には、自社サービスを際立たせるための手段としてポッドキャストに目を向けるメディア企業が増えている現状がある。

 音楽配信アプリを提供するSpotifyは2年前に、ポッドキャスト制作関連会社のGimletおよびAnchorを買収していた。また、Eコマース大手のAmazonは「Amazon Music」サービスの強化を目的に、ポッドキャストサービスを手掛けるWonderyを2020年末に買収していた。

 一方、Appleは2020年に、新型コロナウイルスのパンデミックによって子供たちが自宅で過ごす時間が増えたことを受け、家族向けの番組や映画に力を入れるためにコモン・センス・メディアと提携していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]