ボルボ、2030年までに全モデルを完全EV化、HVは全廃--EV販売もすべてオンラインへ移行

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volvo Carsは、販売する乗用車の電気自動車(EV)移行を進め、2030年までに全モデルをバッテリ電気自動車(BEV)へ変えると発表した。この目標に向け、エンジン(内燃機関)を搭載する自動車は、ハイブリッド車(HV)も含め段階的に廃止していく。

2030年までに全モデルを完全EV化(出典:Volvo Cars)
2030年までに全モデルを完全EV化(出典:Volvo Cars)

 同社初のBEVは、2020年発売の「Volvo XC40 Recharge」。今後BEVモデルを増やし、2025年には世界全体で販売量の半分をBEV、残る半分をHVにする計画。そして、2030年の完全BEV化を目指す。

 さらに、Volvo Carsは自動車のオンライン販売へもかじを切る。BEVモデルについては、全車をオンライン販売のみで提供する方向へ切り替えていく。

 こうした戦略を選択した理由について、Volvo Carsは「良い業績を維持するには収益の得られる成長が欠かせず、これから(エンジン車などの)先細りになる分野へは取り組めない。そこで、EVとオンラインへの投資を決断した」と説明している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]