logo

アップル、「iPhone 12」用の「MagSafe」バッテリーパックを開発中か

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年02月22日 09時09分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、「MagSafe」システムを使用して「iPhone 12」にワイヤレスに接続するバッテリーパックアクセサリーを開発中だという。Bloombergが米国時間2月19日に報じた

MagSafe
提供:Patrick Holland/CNET

 Appleは2020年10月、iPhone 12のほか、MagSafeデュアル充電パッドやMagSafe対応アクセサリーを発表した。Bloombergによると、Appleは少なくとも1年前からこのバッテリーパックの開発に取り組んでいる。iPhone 12の背面に装着するものとなるようだ。

 MagSafeを利用するバッテリーパックは、追加の充電機能のみで、「iPhone」のこれまでのバッテリーアドオン製品のように、完全な保護ケースとしての役割は果たさないという。Bloombergによると、このアクセサリーの一部のプロトタイプは、外装が白いゴム製になっている。

 このバッテリーパックの開発は、ソフトウェアなどの問題で遅れており、発売は延期、あるいは中止される可能性もあるとBloombergは報じている。

 米CNETはAppleにコメントを求めたが、回答は得られていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]