グーグル、「Stadia」向け独自ゲーム開発を終了

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年02月02日 11時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間2月1日、ゲームストリーミングサービス「Stadia」用のゲームの社内開発を終了すると発表した。サービスの焦点を定め直し、既存の開発会社が制作したゲームの収録を進めていくとしている。

サイバーパンク2077
Stadiaで特に成功したゲームの1つが「サイバーパンク2077」だ。
提供:Scott Stein/CNET

 Stadia部門のバイスプレジデントを務めるPhil Harrison氏はブログへの投稿で次のように述べた。「ゲーマーとパートナーにとって、それぞれ可能な限り最高のプラットフォームとテクノロジーとなるものを作り上げ、これらの体験を世界中の人々の生活にもたらすというわれわれの目標は依然変わらない」

 Googleによると、基本無料のプランおよび有料版の「Stadia Pro」のゲームの全ラインアップは今後もアクセスが可能で、サードパーティー製の新しいゲームも追加されていく予定だという。

 公式のTwitterアカウントもこの件について1日に発表している。

 Stadiaは、基本無料のプランと月額9.99ドル(約1050円)のStadia Proの2プランで提供されている。利用の仕方はケーブルテレビや音楽のサブスクリプションサービスに似ており、対応するモニターとWi-Fiを準備する必要がある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]