logo

フォトシンス、Suicaでビルの入退室を管理--JR東日本スタートアップと実証実験へ

加納恵 (編集部)2021年01月25日 17時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォトシンスとJR東日本スタートアップは1月25日、Suicaを活用した新たなスマートビル入退館システムの実証実験を開始すると発表した。SuicaのIDを活用した新たなビジネスモデルの創出を目指す。

Suicaを活用した新たなスマートビル入退館の流れ
Suicaを活用した新たなスマートビル入退館の流れ

 今回の実証実験は、JR東日本本社ビルで実施。受付で、訪問者(ゲスト)は、事前の発行者(ホスト)からのメールにSuicaのIDを入力することで、来館当日に受付に立ち寄ることなく入館できるというもの。一度登録したSuicaは、次回以降、発行者(ホスト)に招待してもらうだけで入館が可能になる。

 JR東日本社員を対象に、支社などで働く社員の本社来訪シーンにおけるビル入退館を想定。2月1日から3月末日まで実施する。

 SuicaのIDを活用して事前インターネット受付によるビル入退館や駅業務施設の入退館を可能にすることで新しいSuicaの活用方法を創出していくとのこと。JR東日本メカトロニクスの協力を得て実施に至ったという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]