logo

「AirPods Pro」分解レポート、iFixitが早速公開

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年11月01日 07時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「AirPods Pro」が発売された。新しいアクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、イヤーチップが調整可能で、音質が向上している。しかし、この249ドル(日本では税別2万7800円)のイヤホンで変わっていないのは、修理難易度だった。

分解されたAirPods Pro
提供:iFixit

 iFixitがAppleの最新オーディオ製品であるAirPods Proを分解した。このイヤホンに内蔵されているバッテリーなど一部の部品は、これまでのAirPodsと比べて理論的には少し簡単にユーザーでも交換できるようだ。しかしそれにかかる手間を考えると、壊れたら新しいものを買った方がいいかもいれない。

 iFixitは、製品の修理難易度を0から10の10段階で評価しているが、AirPods Proのスコアは、これまでのバージョンと同じで0だった(10点が最も修理しやすい)。

 iFixitは、分解作業中にいくつかの「驚き」にも遭遇した。例えば、ボタン型バッテリーはサムスンの「Galaxy Buds」に使われているものに似ていることがわかった。またAirPodsは、イヤホン内部のケーブルを分離した際に「小さな叫び声」(小さな遠吠えと言ってもいいだろう)を上げたという。

キャプション
AirPods Proに搭載された円形のバッテリー
提供:iFixit

 「分解時の何らかの作業で、スピーカードライバーが瞬時的に過負荷状態になったようだ」とiFixitは記している。「理性的に考えれば何でもないことだが、不気味だった」という。奇しくも同社が分解レポートを公開したのは、ハロウィーンだった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]