現場改善アプリ「カミナシ」、多言語翻訳機能の提供を開始--9言語が利用可能

佐藤和也 (編集部)2021年01月13日 16時24分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カミナシは1月13日、同社が提供している現場改善アプリ「カミナシ」について、Wovn Technologiesが提供するアプリ多言語化ソリューション「WOVN.app」と連携し、9言語で利用できる「多言語翻訳機能」の提供を開始した。プレミアムプラン以上が申込可能で、料金は月額費用に1ユーザーあたり5000円(税別)が追加される。

 カミナシは、作業チェックなど現場の業務フローをノーコードでデジタル化する現場改善プラットフォームとして展開。多言語翻訳機能は、現場の作業者がカミナシで情報入力や確認をする際に、入力画面や作業ナビゲーション画面をワンタッチで9言語に翻訳できる機能。母国語での情報入力や作業指示を確認できることで、作業を正しく理解したうえで行えるため、作業品質の向上が期待できるとしている。

 対応言語は英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、ベトナム語、ネパール語、ポルトガル語、タイ語、タガログ語、インドネシア語など、43言語から9言語を選択可能となっている。

多言語翻訳機能について
多言語翻訳機能について

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]