「アイマス シンデレラガールズ」新春ライブで見た“オンラインライブの新たな挑戦” - (page 3)

佐藤和也 (編集部)2021年01月11日 19時50分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また余談ではあるが、さまざまな見どころがあったライブのなかでも筆者が印象に残っているステージが2つある。ひとつは、2日目のユニット「ミス・フォーチュン」による「幸せの法則~ルール~」(天野さん、森下さん)。ふたりのやわらかい歌声が織りなす“幸せ”を感じられる楽曲で、森下さんはもとより、天野さんも終始穏やかな表情で歌っていたのが印象的。奇しくも同じ幕張メッセで天野さんが初出演し、2人がライブで一緒に歌った7thライブツアー千葉公演での「キミのそばでずっと」を見ていただけに、なおのことそう思ったところ。さらに、光の粒子が舞い上がるような演出をはじめ、お互いが向き合って歌った時に見える、おそろいのものと思われるイヤリングを片方ずつ付けているところも、尊さを感じられるものとなっていた。

 もうひとつは、筆者の気になるアイドルが喜多日菜子ということから、1日目に深川さんが歌った日菜子のソロ曲「世界滅亡 or KISS」も触れておきたい。日菜子は“妄想アイドル”で、いつも白馬に乗った王子様が現れることを夢見る女の子。そしてこの曲は、そんな日菜子の妄想ワールドを表現したものとなっている。

 早口での状況説明もあるミュージカル風の楽曲で、場面やテンポも目まぐるしく変化することもさることながら、7分を超えるという長尺の曲。それを“劇団日菜子”と思えるほどに、ひとりで的確に演じ切った深川さんのパフォーマンスもさることながら、吹き出しのように現れる妄想から会場全体を包み込むようなものまで、“ARの総力戦”と言えるような、さまざまなパターンのAR演出により、日菜子ワールドを表現していた。配信とはいえ、リアルな日菜子ワールドを見ることができた嬉しさもあるが、個人的な部分は置いておいても、「シンデレラガールズらしい配信ライブの新たな表現の形」を一番表していたのがこの曲では、と思えた次第だ。

 なお本公演については、アーカイブ配信を1月18日23時59分まで行っており、配信チケットを購入することで視聴することが可能(チケット販売は18日12時まで)。また、映像商品化も予定している。

 今後の展開についても発表された。Mobage版「アイドルマスター シンデレラガールズ」ならびに、スマートフォン向けゲームアプリ「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」(デレステ)について、「ゾンビランドサガ リベンジ」とのコラボを発表。またデレステについてゲーム内イベントなどの予告も行った。

「ゾンビランドサガ リベンジ」とのコラボ
「ゾンビランドサガ リベンジ」とのコラボ
「なんどでも笑おう」を近日追加予定
「なんどでも笑おう」を近日追加予定
イベント「君のステージ衣装、本当は…」の後日開催予定
イベント「君のステージ衣装、本当は…」の後日開催予定
「Go Just Go!」のうたいわけ対応を追加予定
「Go Just Go!」のうたいわけ対応を追加予定

 このほか、SCRAPとのコラボによるオンライン体験型イベント「SHOOTING QUEENTET~離れていてもプロデュース!~」について、2月までの開催延長を発表。また、9月に放送した配信番組「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS Live Broadcast 24magic -シンデレラたちの24時間生放送!-」も映像商品化し、4月21日に発売する。

「SHOOTING QUEENTET~離れていてもプロデュース!~」
「SHOOTING QUEENTET~離れていてもプロデュース!~」
「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS Live Broadcast 24magic -シンデレラたちの24時間生放送!-」を映像商品化
「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS Live Broadcast 24magic -シンデレラたちの24時間生放送!-」を映像商品化

 そして、コミックス「アイドルマスター シンデレラガールズ U149」の7巻と8巻を4月30日ごろに同時発売予定であることも発表。特別版CDの収録内容も公開され、7巻には龍崎薫のオリジナルソロ楽曲を収録する。余談続きで恐縮だが、お気に入りのアイドルが龍崎薫である筆者にとっては、ある意味今回のライブで一番印象的、というよりも一番驚いたのがこの発表だった。

 かれこれMobage版の初期登場アイドルとして9年、ボイスが付いてから5年ほど経過しているなか、これまでもさまざまな楽曲に参加し、「なつっこ音頭」ではセンターにもなったが、ソロ曲がない状態が続いていた。それだけに、“せんせぇ”(※薫が言うプロデューサーの呼び方)たちにとっては、宿願が叶った発表となった。どんな曲になるか楽しみであるのと同時に、ステージでひとりスポットライトが当たって歌う姿が見られるのを心待ちにしたいところだ。

「U149」7巻&8巻特別版CDの収録内容について
「U149」7巻&8巻特別版CDの収録内容について

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]