TwitterとFacebook、トランプ氏のアカウントを停止--支持者の議会乱入を受け

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年01月07日 12時52分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE TwitterとFacebookは米国時間1月6日、Donald Trump米大統領のアカウントを初めて一時停止した。同氏の支持者が米連邦議会議事堂に乱入し、暴力を煽って、Joe Biden氏を次期大統領として確定する作業を中断させたことを受けたもの。

FacebookとTwitterのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Twitterは、Trump氏が市民活動の阻害に関する同社のポリシーに違反したとして、同氏のアカウントを凍結した。同日、Trump氏は選挙に不正があったとする根拠のない主張を含む複数のツイートを投稿し、同じ投稿を自身のFacebookページでも共有した。Facebookは同氏の投稿を24時間にわたりブロックすることを明らかにした。

 Facebookは、「Trump大統領のページに2件のポリシー違反があることを確認したため、24時間にわたり機能をブロックする。つまりこの間、同氏は当社プラットフォームに投稿できなくなる」とツイートした。

 Twitterは、Trump氏のアカウントによる、ポリシー違反に当たる3件のツイートの削除を求めることを明らかにした。それらは現在非公開となっている。さらに、3件のツイートが削除されない限りアカウントの凍結を解除せず、削除された場合もその後12時間は凍結を継続すると表明した。

 【追記:1月8日13時30分】その後Trump氏はTwitterアカウントの凍結を解除され、米国時間7日午後4時過ぎに暴動の参加者を非難する動画を投稿した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]