「ラブライブ!サンシャイン!!」Aqoursカウントダウンライブで見た“ゼロからイチになった瞬間”

佐藤和也 (編集部)2021年01月09日 09時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CNET Japanの編集記者が気になる話題のトピックなどを、独自の視点で紹介していく連載「編集記者のアンテナ」。主にエンターテインメント領域を取材している佐藤が担当。今回は12月30日と31日の2日間行われた無観客有料生配信ライブ「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours COUNTDOWN LoveLive! ~WHITE ISLAND~」の模様をお届けする。

Aqoursのオンラインライブ第2弾は、年越しカウントダウンライブとして開催された
Aqoursのオンラインライブ第2弾は、年越しカウントダウンライブとして開催された

 「ラブライブ!」は「みんなで叶える物語」をキーワードに、楽曲、アニメ、ライブなどオールメディアで展開するスクールアイドルプロジェクト。「ラブライブ!サンシャイン!!」は、静岡県沼津市を舞台に、浦の星女学院で結成された「Aqours」が活動する物語となっている。

 メンバーの声を担当するキャスト陣が、作中と同名のグループとしてステージに立つライブイベントも恒例。Aqoursのワンマンライブは、2017年に初開催されたのを皮切りに規模を拡大。2018年には東京ドームでのワンマンライブを実現したほか、2019年にはアジアツアーも開催している。ほかにも、2018年のNHK紅白歌合戦にも出演した経験を持つなど、国内外で人気を集めている。

 Aqoursとしてのオンラインライブは、10月に行われた「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours ONLINE LoveLive! ~LOST WORLD~」以来2度目。このときは6thライブツアー中止を受けての代替企画となっていたが、今回は独自企画として行われたもので、ラブライブ!シリーズ初めてのカウントダウンライブとなっていた。

 出演したのは、Aqoursのメンバーである高海千歌役の伊波杏樹さん、桜内梨子役の逢田梨香子さん、松浦果南役の諏訪ななかさん、黒澤ダイヤ役の小宮有紗さん、渡辺 曜役の斉藤朱夏さん、津島善子役の小林愛香さん、国木田花丸役の高槻かなこさん(※事前収録の映像パートのみ出演)、小原鞠莉役の鈴木愛奈さん、黒澤ルビィ役の降幡 愛さん。

 今回ステージには、CD「ラブライブ!サンシャイン!! デュオトリオコレクションCD VOL.2 WINTER VACATION」にも描かれていた雪だるまのほか、前回のLOST WORLDでも登場した、6thライブツアーのマスコットであるクジラ“ポエポエ”のセットが設置。また、客席にあたるスペースでは、ARを活用したコンサートライトが一面に広がっていたほか、雪の結晶が振ってきたりホログラフ風のサカナやイルカが泳ぐ光景も。曲によってはコールや歓声も要所要所で流れるなど、オンラインライブならではの臨場感のある映像と音声の演出が盛り込まれていた。

ステージには巨大なゆきだるまが設置。さらに中央には、ポエポエも顔をのぞかせていた
ステージには巨大な雪だるまが設置。さらに中央には、ポエポエも顔をのぞかせていた

 1日目となる30日の冒頭は、冬をイメージさせるクリスマスソングからスタート。新衣装をまとったメンバーが、ランタン風の小道具を手に落ち着いた雰囲気で「聖なる日の祈り」を、そしてクリスマスツリーの映像を背景に「ジングルベルがとまらない」を軽快に歌っていた。

「ジングルベルがとまらない」
「ジングルベルがとまらない」

 ラブライブ!シリーズのライブでは、アニメーションPVやTVアニメのライブシーンで描かれている振り付けを再現したシンクロパフォーマンスが特徴となっており、3曲目の「恋になりたいAQUARIUM」では、背景の映像で曜が、ステージでは斉藤さんが中心となって披露。さらにアニメーションPVにある、水色に光る道が中央に現れて伸びていく光景を、ARのコンサートライトで表現するという演出も行われた。そしてTVアニメ1期オープニング主題歌でもある「青空Jumping Heart」も歌い、ファンによるSNSでのコメントでも盛り上がりを見せていた。

「青空Jumping Heart」
「青空Jumping Heart」
「青空Jumping Heart」
「青空Jumping Heart」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]