JR東日本、新幹線でリモートワーク推奨車両の実証実験--通話も可能

佐藤和也 (編集部)2020年12月22日 16時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本旅客鉄道(JR東日本)12月22日、ウェブ会議を新幹線の座席でも実施可能な「リモートワーク推奨車両」の実証実験を実施すると発表。利用動向や新幹線車内におけるリモートワークの課題や要望を調査するという。

 新幹線の座席において、携帯電話などでの通話は基本的に推奨されていないが、実証実験を行う列車については、ウェブ会議にも対応できる通話が可能な車両を1両設定する。

 新幹線オフィス対象列車の利用に必要な乗車券、新幹線特急券を所有している人が、リモートワーク推奨車両を利用可能。利用にあたって追加料金は発生しない。リモートワーク推奨車両に座席指定はないため、満席の場合は利用できない。旅行中の一部時間などでも利用できる。

リモートワーク推奨車両の例(利用可能座席)
リモートワーク推奨車両の例(利用可能座席)

 実証実験に合わせて各企業と連携し、個別の通信ルーター貸出など、快適で効率的なリモートワークを行うためのツールを試すことができるという。また、利用の際にはアンケートも実施。協力した人には、JR東日本が運営するシェアオフィス「STATION BOOTH」の無料利用チケットをプレゼントするという。

 期間は2021年2月1~12日と2月15~26日(土休日は除く)。「はやぶさ」や「やまびこ」の一部で対象車両が設定されている。同社では、実証実験によって得られた結果から、移動中の車内においても快適に仕事ができる新幹線オフィスの検討を進め、新たな働き方の実現を目指すとしている。

対象列車
対象列車

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]