logo

ソフトバンク、ドコモ「ahamo」対抗の新料金を発表--20GBで月2980円、5G対応

山川晶之 (編集部)2020年12月22日 11時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは12月22日、オンライン特化の新サービスを2021年3月に提供開始すると発表した。

キャプション
ブランドコンセプトは、オンラインとLINEとのシナジーを表現した「SoftBank on LINE」

 新ブランドは、3月に予定しているLINEとZホールディングスの経営統合を機に、LINEを活用したオンライン特化の新サービスとして提供。MVNOサービスを提供するLINEモバイルをソフトバンクが100%子会社化することで、MNOサービスとして再スタートする。なお、「SoftBank on LINE」をブランドコンセプトとしているが、ブランド名については後日発表予定としている。

キャプション
LINEモバイルを100%子会社化

 同ブランドでは、5G/4Gともにデータ容量20GB月額2980円(以下、すべて税別)で利用できる新プランを提供。また、LINEトークやLINE通話のデータ通信量をカウントしない「LINEがギガノーカウント」が付属するほか、5分以内の国内通話し放題にも対応。月額1000円を追加すると5分以上の通話も無制限になる。さらに、eSIMにも対応予定。20GBを超過して利用する場合は、最大1Mbpsで通信可能だ。

キャプション
eSIMにも対応

 MVNOとしてのLINEモバイルは、昼など一部の時間帯で通信スピードが低下するケースが多かったが、MNO化された新プランではソフトバンクと全く同じ通信品質を実現するという。また、サービスの契約など全ての手続きがオンライン上で可能。契約後のサポートは、チャットサービスを中心としており、LINEでの手続きにも対応するとしている。

キャプション
通信品質はソフトバンクと同等

 今回、ソフトバンクブランドを大容量向けブランド、ワイモバイルブランドを小・中容量向けブランド、LINE活用の新ブランドをオンライン特化のブランドとして整理。同社では、新プラン以外にも、ソフトバンク向けとしてデータ通信を無制限で利用できる新プラン「メリハリ無制限」を月額6580円(これまでの5G無制限プランから1900円値下げ)で提供するほか、ワイモバイルでも5G対応プランをあわせて発表。また、3ブランド間の移行手数料を撤廃することで、スムーズな移行が可能になるとしている。

キャプション
ワイモバイルやソフトバンク間の移行は手続き無料に

 NTTドコモでは、オンライン特化の新プラン「ahamo」を12月3日に発表。今回の新サービスはデータ通信量や料金含め、これに真っ向から対抗するものと見られるが、LINEが持つ膨大な会員基盤や、LINE上での手続き、「LINEがギガノーカウント」といったLINEとのシナジーを生かし、他社との差別化を図る。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]