グーグル、化粧品をARで試せる新たなショッピング機能を発表

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年12月18日 12時12分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、ユーザーがより気軽にメイクを試せるようにしたいと考えている。

 新型コロナウイルスの世界的流行を受けて安全を確保する必要があることから、ショッピングモールの化粧品カウンターで何時間も過ごす人は激減しているだろう。そこでGoogleは、ユーザーが自分の顔に最も似合うと思う化粧品を見つけられるよう支援する新たなショッピング機能を、ModiFaceおよびPerfect Corpと共同開発した。米国時間12月17日のブログ記事で発表した。

 「多くの人は今でも、商品を近くで見たり、実際に試してみたり、店内の美容部員からアドバイスをもらったりできる店舗での体験を重視している」(Google)

 L'Oreal、MAC Cosmetics、Black Opal、Charlotte Tilburyなどの化粧品ブランドを検索すると、さまざまな肌の色の顔に口紅やアイシャドウを重ねた写真が表示される。

化粧品ショッピング機能
提供:Google

 さらに、「Try it on」(試用する)をタップすると、化粧品を自分の顔に使った場合のイメージを拡張現実(AR)で確認できる。

化粧品ショッピング機能
提供:Google

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]