シャープとDynabook、LTE内蔵「Dynabook Chromebook C1」を共同開発

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープとDynabookは12月11日、「GIGAスクール構想」学習者用端末の標準仕様に準拠したLTE内蔵「Dynabook Chromebook C1」を共同で開発し、2021年2月以降に商品化すると発表した。

 
 

 Dynabook Chromebook C1は、11.6型のタッチディスプレイ(1366×768dpi)を搭載。ノートPCスタイルだけでなく、ディスプレイ部を反対側に折りたたんでタブレットスタイルでも使用可能なコンバーチブルタイプとなっている。

 CPUには、「Qualcomm Snapdragon 7c」を採用し、高いパフォーマンスの維持と長時間の電池持ちを実現した。折りたたんだ状態から開くと待機状態から高速で起動し、すぐに使用できる。なお、LTEを内蔵するため、通信環境のない場合での学習でも活用できる。

 2つのカメラを内蔵しており、フロントカメラ(ユーザーフェイシングカメラ)は、HDR(High Dynamic Range)に対応。白飛びを抑え、オンライン授業を受講する利用者の自然な表情が捉えられる。

 タブレットスタイルにして使う500万画素のアウトカメラ(ワールドフェイシングカメラ)は、屋内外での観察授業などで活用できる。

 さらに、なめらかで精度の高い書き心地を実現したスタイラスペン(オプション)も商品化。本体に収納可能で、必要な時に取りだして使用できるうえ、収納しながら自動で充電が可能(約15秒のチャージで、約45分間利用できる高速充電にも対応)。

 OSは、Chrome OSを採用。内蔵メモリは、4GB。内蔵ストレージは、32GB。両社は、それぞれが保有する技術を融合し、教育ICT化の推進に貢献していくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]