logo

Twitter、「Snapchat」のステッカーとしてツイートを共有可能に--iOS版で

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年12月11日 08時35分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーシャルメディアプラットフォーム間のクロス投稿は新しい機能ではないが、Twitterが今回導入した「Snapchat」へのクロス投稿機能には、新たな工夫が加えられている。米国時間12月10日から「iOS」版では、ツイートをスタンプとして貼ることにより、Snapchatストーリーの中でツイートを共有できるようになる。

新機能のスクリーンショット
提供:Twitter

 利用するには、iOS上でTwitterアプリを開き、ツイートを選択して共有ボタンをタップしてから、Snapchatアイコンをタップする。Snapchatアプリでは、そのツイートのステッカーが新しく作成されており、そのステッカーは元のツイートにリンクされている。これをストーリーにスタンプとして貼り付ければ、完成だ。

 Twitterは11月にも、「フリート」という新機能を導入している。フリートは、InstagramとSnapchatのストーリーに似た機能で、タイムラインの上部に表示されて24時間後に消えるというもの。これらの機能からは、Twitterがリストやタイムラインよりも、個人的な自動消滅コンテンツに興味のあるユーザーとの関係を維持することに力を入れているらしいことがうかがえる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]