logo

グーグル、視線で言葉を選んで会話できる「Look to Speak」アプリをリリース

Andrew Gebhart (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年12月09日 10時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月8日、発話の不自由な人が容易にコミュニケーションできるよう支援するアプリ「Look to Speak」を、「Android 9.0」以降を対象に提供開始した。このアプリでは、候補として提示される複数のフレーズのうち、1つを見つめることによってそれを選択できる。さらに、選択されたフレーズをユーザーに代わって読み上げてくれる。

Look to Speak
提供:Google

 同アプリは、言語機能や身体に障害がある人を主な対象としており、発話と言語のセラピストであるRichard Cave氏とともに開発された。スマートフォンに組み込まれた機械学習を活用して、ユーザーの視線の先を特定するため、目の動きによって発話したいフレーズを選択することができる。

 このアプリはスマートフォン向けに提供されているため、視線検出技術が組み込まれた特殊なコミュニケーションデバイスがなくても利用できる。そのようなデバイスの場合、自分の思いを一文字一文字出力できるが、Look to Speakアプリは、主要な考えをすばやく伝達できるように支援することを目的にしている。

 視線検出の感度は調整可能で、単語やフレーズをパーソナライズすることもできる。アプリによって収集されるデータはすべて非公開となる。

 このアプリはGoogleの実験的プロジェクトの一環として開発されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]