ニールセン、テレビのアドレサブル広告に向けた視聴者データを米国で提供へ

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2020年11月11日 12時41分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ視聴率の大手調査会社Nielsenは米国時間11月10日、米国におけるテレビ視聴計測にアドレサブル(絞り込み可能)なデータの計測を導入すると発表した。これにより、テレビで目にするCMがFacebookのフィードに表示される広告のように、視聴者の属性とその関心に一層絞り込んだCMになる可能性がある。ただし、広告ターゲティングにおける技術の進歩は、ユーザーデータのプライバシーに関する懸念を喚起する。また、テレビの視聴データの利用に関する慣行も、いまだに確立されていない。

テレビを見る人
提供:Sarah Tew/CNET

 対象となるのは、AT&T傘下のDIRECTVDISH NetworkVIZIO。各社とのデータ連携は、スマートテレビやセットトップボックスを含む最大5500万台のデバイスで広告をアドレサブルにするのに役立つという。

 Nielsenはこれらの企業から匿名化されたデータを取り込み、自社のパネル(モニター協力者)から把握する独自のオーディエンス情報と属性情報を使い、協力してデータを分析する。「Nielsen世帯」とも呼ばれる同社のパネルは、より大きな人口を代表する視聴者のサンプルだ。

 Nielsenはさらに、今後は各社のプラットフォーム上で視聴されるこの種の広告を「評価」する。つまり、番組編成者はこうしたアドレサブル広告により簡単に料金を請求できるようになり、マーケターはこの種の広告が実際に意図したオーディエンスに届いたかどうかをより正確に把握できるようになる。こうした要素は、両者にアドレサブル広告をさらに増やすよう促すはずだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]