logo

トヨタ、KDDIに522億円を追加出資--街、人、クルマがつながるプラットフォーム開発へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは10月30日、トヨタ自動車と両社の提携関係のさらなる強化を目的に、新たな業務資本提携に合意したと発表した。トヨタ自動車はKDDIに対して、約522億円を追加出資する。これにより、トヨタ自動車によるKDDIの持株比率は13.74%となる予定。

 両社では、通信技術やコネクティッドカー技術の研究開発を推進するとともに、人々の生活を豊かにするサービスの開発やビッグデータの活用などによる社会課題解決に取り組んでいくという。

 
 

 具体的には、通信規格が進化する中で、街、家、人、クルマそれぞれの間での最適な通信を可能とする通信プラットフォームの研究開発を共同で実施するほか、デバイスからネットワーク、プラットフォーム、サービスまで一元化して管理し、高度な運用を可能とする次世代コネクティッドカー向けの運用管理システムを共同で開発する。

 また、クルマの内外に囚われることなく、人々の生活を豊かにし、安心安全を追求していくサービスやプラットフォームを共同で構築し、街、家、人、クルマなどのビッグデータを活用した、都市と地方間や各地域のコミュニティにおける社会課題解決を共同で推進するという。

 なお、2000年10月に第二電電(DDI)、KDD、日本移動通信株式会社(IDO)の三社合併によりKDDIが発足して以来、トヨタ自動車はKDDIの第2位の大株主(2020年9月末時点の持株比率12.95%)となっている。また、2002年以降は、トヨタ自動車のテレマティクス事業であるG-BOOKサービスなどで協業している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]