logo

iPhone 12登場、iPhone 11の予約を大幅に上回る予測--Appleニュース一気読み

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleはiPhoneを10月23日に発売した。例年から1カ月遅れの発売となり、かつ派生モデルは11月13日と、更に待たなければならない。

 iPhone 12シリーズは6.1インチ有機ELディスプレイ、新しいデザイン、5G対応、より明るく改善された広角カメラ、省電力性と処理能力を高次元で両立させる「Apple Silicon」A14 Bionic、高速ワイヤレス充電とアクセサリ活用の新しいインターフェイスMagSafeといった特徴がある。

 同時に発売されたのはiPhone 12 Pro。こちらはより高品質の有機ELディスプレイ、望遠カメラを含む3つのカメラシステム、ARでの空間把握や暗所オートフォーカスの高速化を実現する。ただ、iPhone 12と同じサイズのボディ、ディスプレイで、より高級感ある光沢豊かなステンレススチールが採用された。

 11月13日に発売されるのは、iPhone 12の小型版となるiPhone 12 mini、そしてiPhone 12 Proの大型判となるiPhone 12 Pro Maxだ。

 iPhone 12 miniは、iPhone 12と同じ性能でディスプレイサイズを5.4インチに縮小した。今だ根強い人気の4インチiPhone SE(初代)と同じソリッドなエッジを持つデザインながら、iPhone 6からiPhone 8、iPhone SE(第2世代)の4.7インチサイズより端末が小さく、しかしPlusモデル並みのディスプレイサイズを備えるモデルとして、日本では既に大ヒットを予感させる。

 iPhone 12 Pro Maxは2019年モデルよりサイズが拡大した6.7インチディスプレイとなり、広角カメラについては、センサーサイズを拡大させ、センサーシフト式手ぶれ補正を内蔵、暗所性能が飛躍的に高められるハードウェア構成となった。また望遠レンズはiPhone 12 ProのF2.0より暗いF2.2のレンズだが、65mmとより望遠寄りに設定され、光学ズームでもっと大きく写せるようになる。

 これまで3モデルだったiPhoneが4モデルに増え、価格帯を拡げたことは、多くの顧客を惹きつける可能性がある。著名アナリストMing-Chi Kuo氏は、iPhone 12の予約注文数が、2019年のiPhone 11の2倍を上回っていると予測しており、今後mini、Maxの2モデルの予約と発売を控える中で、顧客の反応は極めて良いと言える。

 個別のモデルの詳しい見所は、別途レビュー記事をお届けする。

iPhone 12向けワイヤレスソリューション「MagSafe」--Apple Watchと同時充電も(10/14) アップル、iPhone 12シリーズ4機種--すべて5Gに対応、“mini”を冠したコンパクトモデルも(10/14) アップル、「iPhone 12」ではイヤホンと電源アダプターをオプション提供に(10/14) アップル、小型の「HomePod mini」を発表--1万800円(10/14) 「Apple Arcade」、iPhoneなどの購入者は3カ月無料に--米国で(10/15) アップル、新型「iPad Air」の予約受付を開始--10月23日に発売へ(10/16) 「iPhone 12」の予約注文数、「iPhone 11」比で2倍以上に--著名アナリスト予想(10/20) 一足早くiPhone 12/Proを開封--MagSafeアクセサリまで一挙紹介(10/22) 「Apple 表参道」でiPhone 12シリーズの販売開始--恒例のハイタッチはなし(10/23) 「iPhone 12」発売イベントをKDDIが初のオンライン開催--ドコモとソフトバンクは見送り(10/23) 「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」レビュー--5Gの使い勝手、カメラ性能、バッテリーなど(10/23) iPhone 12シリーズでau 5Gの実力をチェック!--ダウンロード(下り)に大きな差(10/23)

その他

「Apple TV」アプリ、PS4とPS5で利用可能に(10/23)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]