logo

「Apple 表参道」でiPhone 12シリーズの販売開始--恒例のハイタッチはなし

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは10月23日、新型スマートフォン「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」の販売開始に合わせ、国内のアップルストア各店でも、例年通り営業時間を2時間早めて朝8時から新型iPhoneの取り扱いを開始している。

キャプション
販売開始前の「Apple 表参道」の様子。例年と比べるとかなり落ち着いた様子だ

 だが今年は新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受け、その光景は大きく様変わりしているようだ。東京・表参道にある「Apple 表参道」では、例年新型iPhoneをいち早く購入するため、多くの人が早朝から行列を作ることが恒例となっているのだが、今年はその行列も姿を変えていた。

キャプション
入口には新型コロナウイルス感染防止のため、店内で実施している対策も掲示されている

 というのもアップルでは事前に予約して購入することを勧めており、今回販売開始に並んだ人達も事前予約をした人に限られていたようだ。それゆえ販売開始当初に並んでいた人は十数人といったところで、大きな混乱も起きていなかった。

キャプション
朝から並んでいたのは事前予約済の人達であるため、当初列に並んでいたのは十数人程度。全体でも20〜30人程度といったところだ

 またApple Storeでは例年、販売開始時にショップスタッフがハイタッチをして店内に顧客を招き入れることが恒例となっているのだが、今年は感染防止の観点からハイタッチは実施されなかった。スタッフによる販売開始前のカウントダウンや、拍手で入店を歓迎する様子は見られたものの、例年とはかなり異なる光景だったといえるだろう。

キャプション
スタッフによる販売開始前のカウントダウンは例年通り実施された
キャプション
ただし入店時のハイタッチはなし。スタッフが拍手で迎え入れるのみとなっていた

 当日Apple 表参道を訪れ、iPhoneを購入した1人である菊池さんに話を聞いたところ、これまでiPhone販売の行列に並んだことはなく、自宅から最も近いApple 表参道に訪れたとのことで、並んだ時間も10分前後とのこと。ウェブサービスを提供する企業の代表をしているとのことで、5Gに対応したiPhone 12 Proを購入し、どのようなことができるか仕事で検証するために使いたいと話していた。

キャプション
販売開始当初の列に並んでいた菊池さん。購入したのは「iPhone 12 Pro」の512GBモデルで、カラーはブルーを選んだとのこと

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]