logo

AMD、ハイエンドGPU「Radeon RX 6000 Series」を発表--新世代アーキテクチャで性能2倍

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AMDは、ハイエンドゲーム向けGPUの新シリーズ「AMD Radeon RX 6000 Series」を発表した。最上位モデルの「Radeon RX 6900 XT」に加え、「Radeon RX 6800 XT」「Radeon RX 6800」の計3モデル用意する。

ハイエンドゲーム向けのRadeon RX 6000 Series(出典:AMD)
ハイエンドゲーム向けのRadeon RX 6000 Series(出典:AMD)

 いずれも、新世代のアーキテクチャ「AMD RDNA 2」を採用したビデオカード。たとえば、Radeon RX 6900 XTの処理性能を前世代アーキテクチャ「AMD RDNA」ベースの「Radeon RX 5700 XT」と比較すると、最大で2倍高いという。電力効率も優れ、Radeon RX 6800 XTは単位消費電力当たりの処理性能がRadeon RX 5700 XTから最大54%向上するとしている。

RDNA2
新世代アーキテクチャのRDNA 2を採用(出典:AMD)

 AMDは、競合するNVIDIA製GPU「GeForce RTX 3090」「GeForce RTX 3080」などとの比較を紹介。消費電力が少ないにもかかわらず同等の性能を発揮するといった、Radeon RX 6000 Seriesの優位性を示した。

キャプション
キャプション
キャプション
競合するNVIDIA製GPUと比較(出典:AMD)

 「DirectX 12 Ultimate」に対応。4K処理時の最大フレームレートは、Radeon RX 6900 XTが92FPS、Radeon RX 6800 XTが84FPS、Radeon RX 6800が70FPS。

4K処理時の最大フレームレート(出典:AMD)
4K処理時の最大フレームレート(出典:AMD)

 各モデルの主な仕様と発売日、店頭予想価格は以下のとおり。

●Radeon RX 6900 XT

  • 演算ユニット数:80
  • GDDR6グラフィックスメモリ:16ギガバイト
  • ゲームクロック:2015MHz
  • ブーストクロック:最大2250MHz
  • バス幅:256ビット
  • キャッシュ:128メガバイト
  • 発売日:12月8日
  • 店頭予想価格:999ドル(約10万4000円)

●Radeon RX 6800 XT

  • 演算ユニット数:72
  • GDDR6グラフィックスメモリ:16ギガバイト
  • ゲームクロック:2015MHz
  • ブーストクロック:最大2250MHz
  • バス幅::256ビット
  • キャッシュ:128メガバイト
  • 発売日:11月18日
  • 店頭予想価格:649ドル(約6万8000円)

●Radeon RX 6800

  • 演算ユニット数:60
  • GDDR6グラフィックスメモリ:16ギガバイト
  • ゲームクロック:1815MHz
  • ブーストクロック:最大2105MHz
  • バス幅::256ビット
  • キャッシュ:128メガバイト
  • 発売日:11月18日
  • 店頭予想価格:579ドル(約6万円)

Radeon RX 6000 Seriesの発表ビデオ(出典:AMD/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]