logo

「iPhone 12」シリーズにワイヤレス逆充電の隠し機能か--FCC提出書類

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年10月29日 07時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「iPhone 12」シリーズにワイヤレスリバースチャージ機能が搭載されている可能性が、Appleの米連邦通信委員会(FCC)提出書類に示されているという。VentureBeatのJeremy Horwitz氏がこれに気付いてツイートした。

iPhone 12 Pro
提供:James Martin/CNET

 10月に入って開催されたiPhone 12発表イベントで、Appleが「MagSafe」技術の復活を発表したとき、この機能に関する説明はなかった。しかし、BloombergのMark Gurman氏は、 Appleが「AirPods」の次期バージョンにこの機能を適用する予定ではないかと記している。

 「iPhoneの2020年モデルは、デスクトップWPT(ワイヤレス電力伝送)充電器(パック)で充電できることに加えて(中略)、アクセサリーを充電するための360kHzのWPT充電機能をサポートする」と提出書類には記されている。「現時点でiPhoneで充電できるアクセサリーは、今後発売されるAppleの外部アクセサリーのみである」(FCC提出書類)

 提出書類には、未確認のアクセサリーがiPhoneの背面に取り付けられた図が示されている。

 なお、サムスンの「Galaxy S20」および「Galaxy Note 20 Ultra」や、「OnePlus 8 Pro」など、他社のスマートフォンには、すでにワイヤレスリバースチャージ機能が搭載されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]