logo

LIXIL、パブリックトイレ空間をクラウド上で自動設計する「A-SPEC」公開

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LIXILは10月19日、パブリックトイレ空間をクラウド上で自動設計するサービス「A-SPEC」を公開した。第1弾は、多機能トイレ内の器具レイアウトの自動設計シミュレーションサービス。

A-SPEC
A-SPEC

 A-SPECは、指定した空間に対して、クラウド上にあるプログラムがさまざまなシミュレーションを行い、数万件のアイデアからより良いプランを提案するというもの。

 プログラム内には、過去にLIXILが提案してきた設計ノウハウが組み込まれ、自動計算、およびその計算で導かれた自動設計結果のレイアウトを評価する。これにより、設計作業時間の削減に加え、設計者のノウハウに頼ることなく、設計精度の汎用化、均一化が図れるという。

 サービスの第1弾として、多機能トイレの器具レイアウトを自動設計シミュレーションするサービスを公開。指定URLにアクセスして、空間や扉の位置、使用する器具を入力すると、配置の制約事項などが考慮されたシミュレーション結果を、数分で表示する。

 自動設計した結果を、3次元CAD「Rhinoceros」のプラグイン「Grasshopper」に読み込むことで、空間内の視覚的なシミュレーション体験も可能だ。

 なお、A-SPECは、AMDlabおよび髙木秀太事務所の2社との協働で開発したもので、サービス名称の由来はAutomatic Space Planning Engine Componentの略。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]