logo

ボッシュやベンツ、ドイツの空港で自動運転バレットパーキングを試験

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Robert Bosch、Daimler傘下のMercedes-Benz、Apcoa Parking Holdingsは、自動運転車の駐車作業を無人自動走行で済ませられるサービスについて、試験運用をドイツのシュトゥットガルト空港(STR)で始める。商用サービスとして運営する計画で、世界初の商用自動バレットパーキング(AVP)サービスになるという。

ドイツ・シュトゥットガルト空港で自動運転バレットパーキングを試験、ボッシュやベンツ
ドイツ・シュトゥットガルト空港で自動運転バレットパーキングを試験、ボッシュやベンツ

 バレットパーキング(バレーパーキング)とは、ホテルや商業施設などの駐車場において、乗り付けた自動車の駐車をその施設のスタッフに任せる仕組みのこと。AVPはバレットパーキングの自動運転車版。ドライバーが降車して駐車を指示すると、車が自動走行して空きスペースに入って停止する。Boschらは、以前からAVPの技術開発に取り組んでいた。

 この計画において、Boschがカメラを中心とするするセンサーシステム、Apcoaが駐車場向けインフラなどを担当する。駐車場のような限定されたエリア内で完全な自動運転が可能な、SAEレベル4自動運転に対応したMercedes-Benzの「Sクラス」で入場すると、所定の地点でドライバーが降りた後、自動運転で駐車される。出庫する場合も、ドライバーが呼び出すと車は自動的に所定の地点まで出てくる。

カメラベースのシステム(出典:Bosch)
カメラベースのシステム(出典:Bosch)
自動運転で狭い通路も走行(出典:Bosch)
自動運転で狭い通路も走行(出典:Bosch)
アプリから操作(出典:Bosch)
アプリから操作(出典:Bosch)

 3社は、試験をまもなく開始する予定。まず2台分の自動駐車スペースを用意し、必要に応じて増やすとしている。

AVPの紹介ビデオ(出典:Bosch/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]