logo

ボッシュ、無人駐車できる駐車場システムを開発--「人間による駐車は時代後れに」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Robert Boschとドイツの自動車メーカーe.GOは、運転手なしで自動車を駐車させられる駐車場システムを共同開発すると発表した。アーヘン工科大学のキャンパスに建設される駐車場へ、この自動駐車システムを導入する計画。


Boschとe.GOが自動駐車システムを共同開発(出典:Bosch)

 同システムは、e.GOの自動運転に対応した電気自動車(EV)「Life」と、駐車場内でLifeへ指示を送るBoschのセンサシステムなどで構成。駐車場の各所に設けられたセンサが、通路の状況などを監視し、制御システムがLifeを場内の空きスペースへ誘導する。通路上に障害物や歩行者を発見すると、Lifeを停車させるなどの対応を取る。


自動駐車システムに対応させるe.GOのLife(出典:Bosch)

 この自動駐車場を使う場合、ドライバーは入り口で車から降り、スマートフォンのアプリで駐車を命令する。すると、適切な場所へ無人で駐車される。出庫する際も、ドライバーが運転する必要はなく、アプリから車を呼び出すと、自動的に車が出てくる。

 なお、この自動駐車システムは、Boschにとって第2弾の取り組み。以前、Daimler傘下のMercedes-Benzと共同で、ドイツのシュトゥットガルトにあるMercedes-Benz Museumの駐車場を自動化している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]