logo

マイクロソフト、コロナ後も恒久的な在宅勤務を認める方針

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2020年10月12日 10時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスの世界的流行により、Microsoftの従業員の大半は今も在宅で働いている。同社はいずれオフィスを再開する際、従業員が在宅勤務を選択する裁量を拡大するようだ。同社は「柔軟性のある職場」に関する指針を従業員に公開したことを、米国時間10月9日に公式ブログで明らかにした。

Microsoftのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 マネージャー職には、恒久的なリモートワークを承認する権限が与えられる。リモートワークを選ぶ従業員は、オフィススペースの割り当てを失うが、出社時には所定の場所で働ける。従業員は、全勤務時間の50%未満であれば自由に在宅勤務できるとしている。

 一方で、ハードウェアの研究開発やデータセンターなどの業務に携わる従業員は、引き続きオフィスに出勤することが求められる。

 Microsoftの広報担当者は米CNETへの電子メールで、「当社の目標は、従業員の意見やデータ、当社のコミットメントを指針として、時代とともに働き方を進化させること。企業文化を維持しつつ、個々のワークスタイルとビジネスニーズを支援することが狙いだ」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]