logo

グーグル、ニュース配信元に3年間で約1060億円を支払いへ

David Priest (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年10月02日 08時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間10月1日、ニュースコンテンツの対価として今後3年間で10億ドル(約1060億円)を配信元に支払う新しい取り組みを発表した。新機能「Google News Showcase」で表示されるニュースコンテンツが対象となる。

 この機能は、「重要な事柄に関するさらなる洞察を読者に与える、受賞歴のある報道機関のエディトリアルキュレーションを表示し、その過程で配信元が読者とさらに深い関係を築くのに役立つ」という。Googleと親会社Alphabetの最高経営責任者(CEO)を務めるSundar Pichai氏がブログで説明した。

Sundar Pichai氏
Sundar Pichai氏
提供:Getty

 Googleは、他のウェブサイトのコンテンツによって利益を上げているとして、報道機関、監視団体、反トラスト当局から批判され続けており、今回の動きはそうした状況を受けたものだ。

 同社はNews Showcaseを1日にドイツとブラジルで提供開始し、その後段階的に他の国にも拡大していくという。「News Showcaseは記事パネルで構成されており、まず『Android』向け『Googleニュース』に表示される。近いうちに『iOS』向けGoogleニュースに表示されるようになり、将来的には『Google Discover』と『Google検索』にも表示される予定だ」としている。

 現時点でドイツ、ブラジル、アルゼンチン、カナダ、英国、オーストラリアの200近い配信元がGoogleと提携している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]