logo

「Surface Laptop Go」発表--軽量、8万円台の12.4型ノートPC

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年10月02日 08時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間10月1日、「Surface」シリーズの新しいPC「Surface Laptop Go」を発表した。仕様を見る限りは、多数の魅力的な特長を備えた低価格ノートPCのようだ。価格は549ドル(日本では「Office」が付いて税込8万4480円)からで、12.4インチのタッチスクリーンを備え、Intelの第10世代「Core i5-1035G1」をCPUとして搭載する。RAMとストレージはそれぞれ最大8GBと256GBだが、最小構成ではそれぞれ4GBと64GBに抑えている点が、「Chromebook」に少し似ている。

Surface Laptop Go
提供:Microsoft

 Microsoftが公開した写真と動画を見る限りでは、Surface Laptop Goはその価格帯の製品としては、まずまずのキーボードとタッチパッドを備えているようだ。同社はこれを、「大きく高精度なタッチパッドと、1.3mmのキーピッチを備えたフルサイズキーボード」と表現している。USB-AとUSB-Cの両方のポートを備えるが、電源にはやはり、Microsoft独自のSurfaceコネクターが使用されている。上位モデルには指紋リーダー「Windows Hello」も搭載されている。

Surface Laptop Goの主な仕様

  • CPU:Intelの第10世代「Core i5-1035G1」
  • ディスプレイ:12.4インチ、1536×1024ピクセル解像度のタッチスクリーン
  • RAM:4GB/8GB
  • ストレージ:64GB eMMC/128GB SSD/256GB SSD
  • Wi-Fi 6:802.11ax
  • OS:Windows 10 Home(Sモード)
  • 重さ:1110g

 Surface Laptop Goは現在予約注文受付中で、カラーはアイスブルー、サンドストーン、プラチナの3色、10月13日に発売予定だ。

Surface Laptop Go
提供:Microsoft

 Microsoftは同日、「Surface Pro X」のアップグレードも発表した。新しいプロセッサーオプションとしてMicrosoft独自の「SQ 2」チップが追加され、バッテリー持続時間が長くなったという。さらに新色としてプラチナが追加された。別売りの「Signatureキーボード」の新色としてプラチナ、アイスブルー、ポピーレッドも提供される。アップデートされたSurface Pro Xも10月13日に発売予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]