logo

シャオミ、バッテリー持続16日の新型スマートウォッチ「Mi Watch」を発表

Sareena Dayaram (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2020年10月01日 10時57分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国のスマートフォン大手の小米科技(シャオミ)は現地時間9月30日、同社が中国国外で初めて発売するスマートウォッチ「Mi Watch」を発表した。まずは欧州の一部地域で99ユーロ(約1万2000円)で発売し、その後世界のほかの地域にも販売エリアを拡大するという。

Mi Watch
提供:Xiaomi

 高性能スマートフォンの「Mi」シリーズとともにオンラインイベントで世界に向けて発表されたMi Watchは、円形の1.39インチのディスプレイを備え、スポーティなデザインが特徴的だ。ディスプレイの表面は強化ガラス製で、交換可能なバンド部分には柔らかいプラスチック素材の熱可塑性ポリウレタン樹脂が採用されている。また、ディスプレイの画面デザインは100種類以上から選択できるという。

 Mi Watchは水泳をはじめ117種類のエクササイズモードを備え、光学式心拍センサー(PPGセンサー)を利用して心拍数を計測したり血中酸素飽和度(SpO2)をモニターしたりできる。「Apple Watch Series 6」と同様に、これも医療機器ではないが、Mi Watchを使ってユーザーが自分の健康状態をモニターするといった使い方が想定されている。

Mi Watch
提供:Xiaomi

 シャオミによれば、Mi Watchは睡眠周期、ストレスレベル、活力レベルといった「追加指標」や、気圧や高度といった周囲の環境データも表示するという。ほかにも、16日間の連続使用ができるとうたわれているバッテリーの持ちの良さや、腕につけたMi Watchをスマートフォンのリモコンとして使い、手元での操作で写真を撮ることが可能なシャッターモードなど、気になる特徴が備わっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]