logo
新型コロナウイルス関連

「Googleマップ」アプリ、新型コロナ関連情報を表示するレイヤー追加

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2020年09月24日 11時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間9月23日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重要情報を確認できる「COVIDレイヤー」を「Googleマップ」アプリに追加したと発表した。ユーザーがより詳細な情報を得た上で、行き先や行動について判断できるようにする。

Googleマップ
提供:Google

 Googleマップのレイヤーボタンから「COVID-19 info」を確認すると、ユーザーがマップで見ているエリアの10万人あたりの新規感染者数(7日平均)が色分けして表示される。感染者数の増減傾向もわかるようになっているとGoogleは説明している。

 これらの情報は、Googleマップを利用できる220の国と地域すべてで確認できるようになる。また、エリアによっては国、州、都市レベルでデータを見ることが可能だ。

 Googleによれば、これらのデータは「ジョンズ・ホプキンズ大学、The New York Times、Wikipediaなど、複数の信頼できる情報源から」取得しているという。

 Googleはブログ記事で、「これらの情報源は、世界保健機関(WHO)や政府の保健当局、州や地方の保健機関や医療機関といった公衆衛生機関からデータを取得している」と説明している。

 COVIDレイヤーは今週、世界で「Android」と「iOS」向けに配信が開始されるとGoogleは述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]