logo

トランプ大統領、TikTokとオラクルの提携案を大筋で承認--ウォルマートも出資へ

Edward Moyer Queenie Wong Andrew Morse (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年09月21日 09時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Donald Trump米大統領は、動画アプリTikTokとOracleの提携案を承認したと述べた。OracleとWalmartがTikTokの米国事業に出資する。米国時間9月20日に予定されていたTikTokアプリの禁止措置は延期となる。

TikTok
提供:Angela Lang/CNET

 Oracleは、新会社TikTok Globalの株式の12.5%、小売大手Walmartが7.5%を取得する。TikTok Globalは米国に本社を置き、米国のユーザーと、「世界のその他の地域」の多くのユーザーにサービスを提供する。Oracleは、中国企業傘下のTikTokアプリに関する国家安全保障上の懸念に対応するセキュアなクラウドサービスを提供する。

 TikTokは声明で、「両社はTikTok Globalの新規株式公開(IPO)前の資金調達ラウンドに参加し、最大20%の累積株式を取得することができる」と説明し、「われわれは米国をTikTok Globalの本社として維持、拡大するとともに、全米で2万5000人の雇用を創出する」としている。

 OracleWalmartも声明でこの取引について認めた。Walmartによると、TikTok GlobalのIPOは12カ月以内に実施され、米国の株式市場に上場する。

 提携には中国政府の承認が必要となる見通しだ。米商務省は米国でのTikTokの配信などを20日に禁止すると発表していた。Wilbur Ross商務長官は19日、取引がまとまれば、TikTokアプリの禁止措置を27日午後11時59分まで延期するとし、禁止は間際に回避されることとなった。

 Trump大統領はノースカロライナ州での選挙集会に向かう際、報道陣に対し、TikTokとOracleの取引を「承認した」と述べ、取引の「コンセプト」を認めたと発言した。Bloombergによると、OracleはTikTokのソースコードに「完全にアクセス」できるようになり、見直して、アプリにバックドアが存在することのないようアップデートするという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]